瞑想妄想

日々の妄想をつづっております

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

認知症?

普段とてもお話好きなお義父さん。

昨日の夜に起こったダーリンの発作について
朝からお母さんと食事をしながら話していた。
そんな折り、前回の発作の話になり、
まだあれから2ヶ月経ってなかったねという会話を
私とお義母さんでしていると
「なに?」「いつのこと?」といった感じで
お義父さんはすっかり忘れているご様子。

普段年の割に
家族の誰よりも物覚えのいいお義父さんのそんな発言に少し驚いたが、
朝は何かと戦争なので
急いで研修先の病院へ向かった。

仕事中、ふと朝の出来事を思い出し
あんな大事なこと、あのお義父さんが忘れるかなー?
と、少し不安になる。
主任に話すと、
まぁ年も年だし、認知の始まりだったりしてーなんて言われた。

家に帰り、お義母さんと晩ご飯の支度をしながら
朝の出来事に少し驚いたと話してみた。
するとお義母さん、少し間を置いて
「最近時々あるんよ。」と少し寂しそうに言った。
「年齢のせいやと思うけど、さすがに記憶力が鈍ってきたかなー」
それでも、お義母さんよりは細かいことまで覚えてることの方が多いらしい。

まだまだ認知症というレベルには遠いけど、
お義父さんは元々長年バリバリ仕事をしてて、
記憶力も良かっただけに
始まっちゃったら早いのかなー?

お義父さんの話を聞くのが苦痛なんて思う日もあったけど、
神様が「ちゃんと話を聞いてあげなさい」と言う
警告をしてるのかもしれない。

もうお義父さんも今年で75になるからな。
ここらが親孝行時なのかもしれないな。
実家の両親ももう決して若くはないし、
そろそろ家族のための時間を作るかな。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

なんてことないこと | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<うめ | HOME | 早かったな・・・>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。