瞑想妄想

日々の妄想をつづっております

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

アリンコ行脚

金曜日の朝、学校帰りに大阪へ出掛けるという準備でバタバタしていると、
トイレ入口の横の壁に一筋の縦に長い黒いシミを発見。
いつの間に? と思ってよく見てみると
微妙にそのシミが動いていた。

起きがけだしボーッとしてたので、顔を近づけてよーく見てみると
なんと!小さなアリの大名行列でした!
ひょえぇぇぇぇぇ~

その中には、もぎ取った蛾の羽を一生懸命運ぶアリも居て
何故家の中のこんなトコを行脚してるのか
不思議でしばらく見つめておりました(忙しいのに)

するとよく見ると、蛾の羽を運んでいるように見えたのは
どうも大きな?羽を持った親分格のアリで
大名行列を引率しているようでした

シミと思われた黒い筋の下の方へ目をやると
ズラズラと小さな蟻たちが木の割れた隙間から
登ってきているではないか。
何処に向かっているのかは定かではないけど、
その一角の壁をぐるりと行脚している。

当然、お義父さんお母さんに報告。
木の割れ目の隙間には蟻用の殺虫スプレーをまかれ、
行脚しているアリさん達は
掃除機で吸われていくのでした。

そんなことはスッカリ忘れて、昨日土曜の夜に帰宅。
帰って来るなりお義母さんに
「大変なことになってたんよー」と言われた。
何事???またダーリンが倒れたのかしら?と思っていると
トイレの横の壁を指さした。
見るとポッカリ壁に穴が開けられている。
どうしたのか聞くと以下のような流れである。

お義母さんが先日からトイレの床のタイルが一部濡れていることに気付く。

業者を呼んで、トイレの水回りを調べてもらう。

おかしいところは一つも無し。

考えられるのはトイレに備え付けられている
手洗い用の小さな洗面台。
しかしそこを確認するにはタイルを剥がすか
入口横の壁を壊すしかない。

お義父さんが自分で出来る、壁を壊す方を選択し、
壁の下の方に穴を開ける。

縦に伸びている水道管が濡れていないことから、
更に下を調べる。

すると何か霧状の物が手に当たる感触あり。

床に穴を開けて更に調べる。
(床下からは狭すぎて入れない区域のため)

すると、あったあった原因が!
水道管から水が漏れて、上向きに水が噴き出していたらしい。
上に噴き出した水はトイレの床のタイル下の床板に当り
その辺一帯を濡らしていたのだ。
急きょお義父さんは水道管にフタをする工事を施工。
(何でもできるお義父さん。すっ素晴らしいっ!)

ふと、金曜の事を思い出す。
あのアリンコたちは濡れた床下から避難していたのだ。
床下が濡れていることを教えてくれていたのに、
非常にも殺虫剤をまいて殺傷してしまった私達。
あのアリンコたちに感謝しないといけないのに
情け容赦なく殺してしまった私達を許して下さい。
ごめんね。アリさん。

トイレの前の床と壁がポッカリと穴が開いているのを見る度に、
私達はアリンコに合掌するのを忘れてはいけないのである。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

なんてことないこと | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<一息 | HOME | 歳月とは・・・>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。