瞑想妄想

日々の妄想をつづっております

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

アメリカでもドライブ

まず、朝起きて
今日からの宿を探したり
買い物をするのに
移動手段としてレンタカーを借りに行く。

が、なかなかいいレンタカー屋を見つけられず
結局また空港まで重い荷物を持って移動。
その際、ドルが要るだろうと言うことで
ホテルの近くの銀行へ行って両替してもらおうと思ったら
口座を持っていないので断られ
案内された少し離れた銀行まで
荷物を引きずって歩く。
が、途中スタバを発見したので
ちょっと休憩と朝食。

私が荷物番をしてる間に
友人が両替に走るも
レートが高いからといって
必要最低分しか両替してこなかったが
その建物内で迷子になったらしく
しばらく帰ってこない。

ひとりぼっちでダウンタウンのサラリーマン達を観察していたら
何ともごつい人の多いことか。
男性もそうだけど
女性もほんとブヨな人が多い。
おなかが出てるのは当然とばかりに
それでもお構いなしに
胸元のガバッと開いた服を着てたりして
他人がどう思おうと、
ホント関係ないんだな~って感心する。
そして、やたらと食ってんだろうなと
簡単に察しがつく。

ようやっと帰ってきたので
バスで駅まで行って空港まで行こうとバスを待つこと15分。
なかなか来ないバスに業を煮やした友人が
近くの人に空港へのほかの手段を使っての行き方を教えてもらい
地下鉄で行くことになった。

赤いメトロに乗ってユニオン駅まで行って
それから空港まで行くという予定だった。

ユニオン駅に着いたとき
友人が地下鉄だけで空港へ行く方法を発見。
値段も時間もその方が手軽にすむことを発案し
今きた赤いメトロを逆に戻り
青いメトロに乗り換えて
その後緑のメトロに乗って
空港に着いた。
ロスの地下鉄は安い。
線を乗り換えるまでは
ずっと$1.25。

その後空港のそばのレンタカー屋さんに行こうと思ったけど
重い荷物を持ってそこまで行く方法が分からず困っていると
そばにいたホットドッグ屋のおばちゃんが
レンタカー屋さんを呼ぶ方法を教えてくれ
ようやっと車を手に入れる。

やれやれ~。
やっと重い荷物から解放される~o(^-^)o

その後友人と夕食を取ったのだけど
まだ夕方の17:30ぐらいで
おなかがあんまり空いてなかったのだけど
「美味しいお店に連れて行ってあげる」と言われ
ジャージャー麺なるものを食す。
美味しかったけどその量の多さに
リタイヤ。
おなかが空いてないならそう言えと
友人不機嫌になる。
まぁその前に私が不機嫌だったから
しゃーないか。
だって、眠くなってきたんだもん。
時差ぼけで?

その後、電気屋とか生活雑貨を買いに行くよりも前に
今日からの宿を見つけるつもりが
友人が道を見誤り
どんどん謎の方向へと進む。

さすがの友人も15年前の古い記憶が曖昧になってきていて
進化してるアメリカの道路状況までは
把握はしていなかった。

なぜだか分からないけど
友人はどんどん機嫌が悪くなり
口調もきつくなり出したので
私もむっつり黙っていた。
その事が余計に神経を逆撫でしたのか
些細な一言で、友人と少し喧嘩。

怒った友人は「少し頭を冷やしてくる」と
社外に出て歩いていこうとしていたので
慌てて止める。
ロスの夜が危ないと言ったのは
おぬしだろう!!!

少し落ち着いて二人とも反省し
今度は比較的冷静な私が運転することに。

アメリカ上陸二日目にして
右車線、左ハンドルで
フリーウェイを走る私は最高やね。

最初からこうしてれば
しなくていい喧嘩せずに済んだのかも。
私は私で、友人は友人で
お互い慣れない環境に
ピリピリしてたのかな?

でもそのおかげで
また友人との絆が深まったので
それはそれで良かったかな。

宿に入ったのは
夜の11:00。

すっかり疲れたのか
友人はもう眠ったようだ。

私もそろそろ寝ようっと。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

なんてことないこと | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<他人との出会い | HOME | 初! 本土上陸!>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。