瞑想妄想

日々の妄想をつづっております

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

さらばアメリカ

ここ数日一緒に遊んだメキシコ人のエリカが
空港(LAX)まで送ってくれるという。

その前の日も本当は
Anaheimと言うところに送ってくれるという話だったけど
前日の二日酔いがたたり
エリカは約束の時間に間に合わず、
私たちは独自でその手段を考えた結果
一日だけレンタカーを借りて
ゲンのタトゥーをほりに行った。

ゲンに感化された友人も
今まで入れていた猫っぽい虎のタトゥーを
黒豹に変更。
あんな痛いこと、
よくやるよな~。

出国前日と言うこともあって
トシとヒロが食事をしようと誘ってくれてたけど
時間の調整がうまくつかず結局一緒にAnaheimに連れて行った。
最後の最後もトシとヒロは
大いに私達に振り回せされて
帰りは朝の4時になった。
ごめんよ~。

しかも荷物まとめてないし、
食器の洗浄とかもせなあかんのに~。
こりゃ寝ずに整理だな。

案の定、朝エリカが迎えにきてくれたときは
まだ用意が完了しておらず、
結果30分ほど待たせてしまった。

「私は最近暇だから、いつでも車が要るときは電話して」
って言ってくれたエリカは
本当に最後の最後まで私達の面倒を見てくれた。
ホント感謝。

チェックインが少し遅かったからか、
飛行機の席は友人と離れてしまい
思いがけず一人の時間が出来てしまった。
離陸する時、ぼんやり飛行機の窓の外を眺めていたら
なんだか涙が溢れてきた。

この旅で本当にたくさんの親切な人たちに出会った。
言葉が通じなくても
こんなに暖かく迎え入れてくれる人達が居ることを知った。
「またアメリカにきたら、遊びに来て」
みんなそう言ってくれた。
もちろんそのつもりだけど
そうそう簡単に戻ってくることは出来ない。
仕事とはいえ、家を空けるのに家族にも協力してもらった。
今度アメリカに来る事なんて
本当は叶わない夢なのかもしれない。
でも、それでもまた会いたいと思った。
またみんなに会いに戻ってきたいと思った。
みんなの優しさを思うと
涙が頬をつたってポロポロこぼれてきて
明らかに泣いてる私の姿を見て
隣の席の中国人がちょっとびくりしてたけど
珍しく恥ずかしくなかった。

本当の感謝と本当の優しさを教えてくれた人達。
私はあなた達のことを忘れない。
ここでこうして出会えたことにきっと意味があるのだと
心に刻んでいたい。
だから私はおばあちゃんになっても
一度はアメリカに帰ってきたい。

そのためにはやっぱり英語をもっと勉強しなくてはな~。
エリカやジェシカとケラケラ笑いながら
またはそのほかの国の人達とも
国籍を超えて楽しい時間を過ごしたいもんな。

こんな気持ちにさせてくれたみんなにありがとう。
仕事以上に大きな成果がありました。

次は韓国。
韓国でも素敵な出会いがありますように。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

なんてことないこと | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ハングル覚えるか | HOME | 友達の友達は皆友達>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。