瞑想妄想

日々の妄想をつづっております

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

何が悪いんかな~

今日もまたダーリンの発作が出た。
ので、今回もまた備忘記録。

夕飯を終えた後
いつものビデオ録画に奔走するダーリンを尻目に
とりあえず私は先に皿を洗う。

洗ってる最中にお義父さんが
PCのことで私にいろいろ相談してくる。
そうこうしているうちに録画のセットを終えたダーリンが
キッチンへ帰ってきたので
お義父さんは自分の部屋へと帰っていった。

いつもならそんなお義父さんの姿に
あれこれ文句を言うダーリンですが
今日はなんだかおとなしい。
「このお皿まだ乾いてないから、先にこれ片づけて」
って言っても
ただこっちを向いたまま立っているだけ。

うーん。
これはなんかおかしいなと思って
いろいろ話しかけるも
こっちの顔は見るけど
言葉での返事はない。

とりあえず椅子に座らせて
発作が出た時用の頓服の薬(セルシン)を飲ませる。
口の中で薬をブクブクしてたけど
とりあえず飲んだことを確認。
その後立たせてとりあえず部屋へ連れて行く。

寝室への近道を促しても
いつものルートでしか廊下を歩かないため
ますます不安。
とりあえず無理矢理にでも
急いで寝室まで連れて行く。

ベッドの横まで歩いて行ったはいいけど
ベッドに寝ころぶように促しても
もう言葉は通じなかった。
背中をグイグイ押しても
倒れまいと余計に突っ張るだけで
なかなか横になろうとしないので
抱えられないけど抱えて横にさせる。

少しすると
ダーリンの首は右へかくかく回り
目も右上を向き
唇も右へ引きつれ始め
右手は上へ上がり始める。

1分半ほど経過した後
今度は首が左へ向き始め
両手の拳をぐっと握りしめ
両腕をピンと伸ばしたまま
口元に溜まったよだれでグフグフ言っている
ダーリンの発作がおさまるのをじっと待つ。

少し経ったら息を荒くしながら発作がおさまり
手足の硬直も解ける。
声をかけてもまだ反応は見られない。
とりあえず落ち着いたので
お義父さんお義母さんを呼びに行く。

発作が起きて15分ほど経って
お義母さんが呼びかけたら
返事をしたという。
(その頃私は皿を洗っていた。)

部屋に戻って話しかけたら
「トイレに行きたい」と言って
自分で起きあがってトイレに行く。

戻ってきたのでもう少し寝るように促すと
少しの間ベッドの上で寝ころんで
肘を立ててボンヤリしてたけど
電気を消して私が別の部屋へ行ったら
寝たようだった。

30分ほど眠った後
むっくり起きあがってきて
「なんで寝てんの?」という。
事情を説明したら
ビデオ録画をするために部屋に戻ったときから
ちょっと気持ちが悪かったという。
キッチンに戻ったとき
お義父さんが居てたことはおぼろげに覚えているらしい。

そういえば夕食を食べてる最中に
お義父さんに文句があるのか
私の顔をジィーーーッと見ながら
なんか言いたそうにしてたけど
あれも発作が起こる前触れだったのかもな~(- -")

最近は薬も飛ばしてないし
すこぶる機嫌が悪いとかもなかったのだけど
やっぱなかなかおさまらないな~。

発作が起きている時の苦しそうな姿を見るのは
やっぱり気分のいいもんではない。
可哀想だし心配だし。

ただ出来るだけ状況を冷静に覚えておいて
次回の定期検診の時に
どんなだったかを主治医に伝えるしかできない。
でも、そこから何か改善点が見つかるかもしれない。

まだまだ戦いは続く。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

高次脳戦記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<見た目から大人への一歩 | HOME | 集大成!!!>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。